カテゴリ'社員からのお知らせ'

令和3年9月7日(火)「令和3年度 全店防災訓練」を実施しました。


当社は、鉄道インフラを主に支える企業として、地震等の災害発生時に迅速な対応が
できるよう、毎年防災訓練を実施しています。


当日は、発災時刻未公表のブラインド訓練として実施し、午前6時に三重県紀伊半島沖を
震源とするマグニチュード8.0の巨大地震が発生したことを想定し、当社事業計画にて指定
している駆けつけ者の参集訓練および災害対策本部設置訓練から始まりました。


【駆けつけ者とは】
就業時間外に災害が発生した場合に、可能な限り最寄の社屋へ駆けつけ、対策本部の立ち
上げを行い、社屋および社屋周辺の被災状況確認や通信機器の接続を行う等の役割があります。
駆けつけ者は、社屋と居住地が近い社員を支店ごとに指定しています。


早朝からの訓練ではありましたが、各々が迅速な行動を心掛け、目標としていた時間内に
駆けつけ者の参集および災害対策本部の設置を完了することができました。







対策本部設置完了後、衛星電話・MCA無線機等の非常用通信機器を使用した
通信応答訓練やWEB会議による各支店の被害状況や災害用資機材等の確認
訓練のほか、指定緊急避難場所等確認訓練として、有事の際にスムーズに避難
ができるよう指定緊急避難場所とその避難経路の確認を行いました




衛星電話を使用した応答訓練の様子








指定緊急避難場所等確認訓練の様子



今後もあらゆる状況を想定した訓練を実施し、有事の際に迅速な対応ができる
よう万全な対策を施していきます。












令和3年7月5日(月)一般社団法人 日本鉄道施設協会が主催する
「第9回 鉄道施設技術発表会(保線部門)」において、本店軌道
本部名古屋軌道部に所属する社員が発表したテーマ
「レール両側積卸機の開発による材料運搬作業の改善」が最優秀賞
を受賞しました。



写真左:成瀬社員(補助者)、写真右:金原事務所長(発表者)






この発表会は、各社の取り組みや新しい技術の情報を共有し、技術力
や作業効率の向上を図ることを目的として毎年開催されており、当日
は全国から選抜された鉄道施設の保線工事を施工する14社より発表が
おこなわれました。


○当社発表「レール両側積卸機の開発による材料運搬作業の改善」について
レール更換時に使用される従来のレール積卸機は、左右切替という動作の際に
クレーンが必要となることに加え、レールを積んだ状態では実施できませんでしたが、
今回開発した「レール両側積卸機」の場合は、クレーン不要で場所を選ばす左右切替が
可能となるため、材料運搬時の作業効率化が期待されるとして高く評価されました。






レール両側積卸機


今後も作業の効率化を図り、安全第一で施工してまいります。

※「名証IRエキスポ2021」は、新型コロナウイルス感染症拡大を受け開催中止となりました

令和3年9月10日(金)、11日(土)の2日間にかけて、名古屋市中小企業振興会館(吹上ホール)
にて開催される「名証IRエキスポ2021」(主催:株式会社名古屋証券取引所)へ出展します。


各日程の開催時間は下記の通りです。
○令和3年9月10日(金) 10:00~17:00
○令和3年9月11日(土) 10:00~16:30


当日は、当社ブースへぜひお越しください。


その他にも、IRエキスポ会場の特設ステージでは、愛知医科大学病院 教授 三鴨廣繁様、
信州大学特任教授・弁護士 山口真由様、経済アナリスト 森永卓郎様など、人気講師の方々
による講演会が開催されます。


ご来場いただく際は、「名証IRエキスポ2021」ホームページより事前登録が必要です。
詳細は下記バナーよりご確認ください。

令和3年4月1日(木)当社枇杷島社屋にて令和3年度入社式を開催しました。

今年度より新たに入社する総勢46名が、期待や緊張の表情を浮かべるなか
渡邉社長をはじめ役員出席のもと、入社式が開式しました。





式典では、社長より新入社員への辞令交付や歓迎の言葉が述べられたのち
新入社員による答辞が読み上げられました。









その後は熱田神宮へ参拝し、晴れの門出を祈願しました。





今後は社会人としての自覚を持ち、日々の業務に励んでほしいと思います。





令和3年3月12日(金)「名古屋ウィメンズマラソン2021
マラソンコース清掃ボランティア」に参加しました。


この清掃活動は、中部地方整備局 名古屋国道事務所が主催し、
3月14日(日)に開催された名古屋ウィメンズマラソンにおいて、
ランナーの方々に気持ちよく走っていただくために当日のコースを
清掃する活動で、今回初めて参加しました。


当日は、近隣企業からも約400名の方々が参加し、当社は名古屋市中区付近を走る
国道22号上り線側のエリア(日本銀行前から中日新聞社前)を中心に、
1時間ほどにわたり歩道の植栽や側溝付近に捨てられた吸い殻や空き缶等を
回収しました。












今後も様々な活動を通じて、地域美化へ貢献していきます。



« 前へ