カテゴリ'軌道部門'

こちらは、北陸支店 軌道課 福井軌道作業所です。
当作業所では、現在開業中の北陸新幹線 金沢以西となる金沢~敦賀間の
新幹線線路延伸工事のうち、福井工区とあわら工区の軌道新設を行っています。


本年2月に当軌道工事の概要についてご紹介しましたが、
第2弾となる今回は、2工区の進捗状況のほかに、
レールの製造場所や搬入方法のほか、今回の軌道構造の主体となる「スラブ軌道」について
ご紹介します。


【福井工区 進捗状況】
福井県福井市および坂井市にて約14 kmの軌道新設を行う福井工区においては、
4月7日(火)に、約20名の報道関係者が見守るなか、8工区の延伸区間全体で
初めての作業となるレールの送り出しを行い、本格的な軌道敷設がスタートしました。
現在は、高架上にスラブを吊上げ、調整作業や弾性をもたらすため
スラブの下にCAM(セメントアスファルトモルタル)を注入する作業を行っています。





レール送り出し作業の様子







仮軌道敷設





スラブ吊上げ                     





スラブ設置





スラブ調整                     





CAM注入




【あわら工区 進捗状況】
福井県芦原市および坂井市にて約15 kmの軌道新設を行うあわら工区においては、
6月に軌道基地が完成し、現在レールの搬入を行っています。
今後は高架上にレールを吊上げ、仮軌道の敷設を進めていきます。





軌道基地レール搬入の様子




【レールについて】
現在は1901年に創業した官営八幡製鐵所の流れを汲む北九州市八幡の製鉄所で作製されたレールを
使用していますが、今後は広島県福山市の製鉄所で作製されたものを使用する予定です。
1本の長さが25mにもおよぶレールを、運送会社が海上・陸上輸送を行い、
軌道基地に搬入されます。
福井港から当工区へは、ポールトレーラー(長尺かつ分解しにくいものを運搬するトレーラー)
にて夜間に運び込まれます。


上記のルートで搬入されたレールは、当社が高架上に吊上げて貯積していき、
それを溶接会社が8本溶接することで長さを200mにしたのち、延伸作業を行います。
この作業を「仮軌道敷設」といい、関係会社と綿密に打ち合せたうえで工事を進めています。


【スラブ軌道について】
当工事の軌道構造は「スラブ軌道」が主体となっています。
スラブ軌道とは、コンクリートの路盤上にコンクリート製のスラブ板を設置し、
その上にレールを敷設する構造で、東海道新幹線等で採用されているバラスト軌道
(砕石や砂利などのバラストを敷き枕木の上にレールを敷設する構造)とは異なっています。
高速走行時の安定性がより高く、敷設・保守作業のコスト面においても優れており、
主に新規で建設される高架橋箇所等で採用されています。


施工フローは、福井工区にて既に進められている
仮軌道敷設 → スラブ敷設 → スラブ調整 → CAM注入 の後、
レール面の調整 → レールの下に可変パッドの挿入 → レールを緊締する作業 
となっています。








スラブ軌道施工後写真(当社が平成26年に施工した北陸新幹線津幡軌道)



今後も安全第一で施工し、進捗状況について随時ご紹介いたします。

現場リポート:

こちらは、北陸支店 軌道課 福井軌道作業所です。
当作業所では、現在開業中の北陸新幹線 金沢駅以西となる金沢~敦賀間の
新幹線線路延伸工事のうち、福井工区とあわら工区の軌道新設を行います。


●北陸新幹線について
東京駅20番~23番ホームより上越新幹線との共用線路を走行し、
群馬県高崎市にて、高速分岐器(38番分岐器/日本に2箇所しかないうちの1つ)を介して
北陸新幹線線路に入り、長野県、新潟県、富山県を経て金沢市に至る新幹線です。
このため、北陸新幹線の工事キロ程は高崎起点が0k、金沢駅が345k430mと
されています。




今回、当社が施工する工区は、令和4年度末までの金沢~敦賀間 開業をめざし、
発注された延伸工事8工区のうち2工区となります。
平成27年の金沢以東開業に伴う関東方面からの観光客増加等の好影響もあり、
今回の延伸工事についても、地元経済界を中心に早期開通に向けた環境整備について
新聞紙上で活発に報じられています。





【工事概要①】
 工事件名  北陸新幹線、福井軌道敷設他
 発注者   独立行政法人 鉄道建設・運輸施設整備支援機構 大阪支社
 工事場所  福井県福井市及び坂井市  工事キロ程412k034m~426k485m
 工期    令和元年5月27日~令和4年12月26日
 主要工種  工事用軌道              27,973m
       スラブ敷設              27,431m
       CAモルタル注入(A)(B)(圧送) 28,239m
       レール敷設              28,226.6m
       設定替(緊張器)           28,226.6m






【工事概要②】
 工事件名  北陸新幹線、あわら軌道敷設他
 発注者   独立行政法人 鉄道建設・運輸施設整備支援機構 大阪支社
 工事場所  福井県芦原市及び坂井市  工事キロ程396K719m~412K034m
 工期    令和元年9月6日~令和5年1月5日
 主要工種  工事用仮軌道(A)(B)(C)    30,382.2m
       スラブ敷設(A)(B)        30,625.5m
       CAモルタル注入(A)(B)(圧送) 30,625.5m
       レール敷設(A)(B)        30,627.5m
       設定替(緊張器)           24,076.3m






【施工状況】
福井軌道敷設工事を始めるにあたり、主軌道基地となる福井軌道基地を造成し、
高架下及び高架上レール貯積台設置、門型クレーン設置、25mレール取卸し、
高架上げ貯積を行いました。
並行して他社により、溶接による200mロングレール化が進められています。

福井基地造成中


造成後高架下レール貯積台設置


高架上貯積台設置及び門型クレーン設置


レール取卸し


レール吊上げ




福井軌道敷設工事については、4月初旬に仮軌道レール延伸を開始し、
あわら軌道敷設工事については、4月より軌道基地となる指中地区で造成を開始します。


今後も安全第一で施工していきます。

現場リポート:

海外プロジェクト、インドネシア初の地下鉄工事、「ジャカルタ都市高速鉄道南北線(15.7km)」の軌道工事において当社社員が活躍中です。
本格的に軌道工事が開始される前に現地軌道工事を行う技術者の育成及び現地作業員の教育・訓練を実施しました。
現在、4名の技術指導スタッフが日本の鉄道技術を駆使して安全で快適な線路の完成を目指して奮闘中です。現在は、デポと言われる車両基地の施工と高架及び地下区間のレール搬入を実施しています。




〇訓練風景

線路の軌きょう組立、マクラギを配列し、レールと締結、線路の高さ・通り調整の方法をレクチャーしています。








〇デポ(車両基地)区間の風景

レールとマクラギ、道床バラスト(砕石)を搬入しています。今後、線路を建設していきます。










〇地下区間の風景

高架と地下の境目から地下部のレールを搬入しています。ジャカルタでは渋滞が日常的に発生するため、交通量の少ない夜間にレール搬入をしています。



現場リポート:

 海外プロジェクトについて報告します。


インドネシア初の地下鉄工事、「ジャカルタ都市高速鉄道南北線(15.7km)」
の軌道工事に伴い、当社技術者が業務支援しています。
現在は、東洋エンジニアリング株式会社に常駐し、必要の都度、現地ジャカルタへ
出張しながら計画業務(施工手順・方法・工程・必要な材料や機械の調達支援など)
を実施しています。


現地施工は、2017年2月から予定され、
現地の軌道担当者の育成と現地作業員の教育・訓練を実施することとなります。
今後は、軌陸式重機などの大型機械も日本から輸出し、
現地オペレータの訓練なども実施します。
工事は約2年間予定しており、2019年の開業を目指しており、
現在は土木工事が進められています。









今後は、定期的に工事状況を報告します。


現場リポート:

北陸新幹線、津幡軌道敷設工事現場よりレポートします。
 9月より本格的に始まった大型機械を使用してのスラブ敷設作業も順調に進み、終点金沢方工区境界からスラブ積込み箇所である軌道基地までの延長約11km間の下り線スラブ敷設作業が完了しました。進捗率として約36%です。現在は再び金沢方工区境界上り線のスラブ敷設作業を開始しました。
 今後は、白銀の世界となる冬が到来するため、作業現場も明り区間からトンネル区間に移行して行きます。冬期に於ける工程調整と品質管理がより重要となります。

                       

現場リポート:
« 前へ