このたび株式会社日本政策投資銀行(DBJ)が実施する『DBJ BCM格付』において
“防災及び事業継続への取り組みが特に優れている”という最高ランクの格付を
前回(2014年)に引き続き2回連続で取得しました。


『DBJ BCM格付』とは、DBJ独自のシステムにより
防災及び事業継続への取り組みが優れた企業を評価・選定するものです。
今回は、BCMの強化体制や防災訓練の実施内容、復旧資機材の準備体制などが
高く評価されました。



これに伴い、4月3日(火)に当社会議室において
表彰式が執り行われ、認定証を頂きました。


          表彰式の様子
(左:日本政策投資銀行 地下常務 右:当社代表取締役社長 渡邉 清)



       認定証



これからも、社会インフラを支える企業としての責務を自覚し、事業に取り組んでいきます。

平成30年4月2日(月) 当社の枇杷島社屋にて総勢48名の入社式を行いました。

入社式では、渡邉社長より一人ひとりへ辞令が交付され、
その後は、熱田神宮にて新入社員の晴れの門出を祈願し、参拝を行いました。

新入社員は、渡邉社長からの訓示を真剣な面持ちで聞き、
希望を胸に社会人としてのスタートを切りました。





平成30年2月15日(木) 名古屋観光ホテルにて行われた
「名証上場企業交流会」(主催:株式会社名古屋証券取引所)にて
同取引所が主催するIRイベントに積極的に参加した企業として感謝状を頂きました。


この感謝状は、「個人投資家増加」「名証市場への貢献」「IR啓発」の3つの観点で
特に出席状況や企業形態、イベントでの説明内容などが良好と認められる企業に
授与されるもので、当社は「IR啓発部門」で表彰されました。





    当社専務取締役 佐藤武男(一番左)



当社は毎年7月に開催される名証IRエキスポに第1回から連続で出展しており、
また、東京・大阪地区でもIRセミナーを年1回以上開催しています。
今後も積極的なIR活動に取り組んでまいります。

今年も清須市防災協力会の活動として、
市内の芳野保育園に「雪のプレゼント」を贈りました。




新潟県妙高市より運んできた雪はダンプカー2台分。
今年は大雪の年ということで、たくさんの雪にめぐまれたようです。




雪山のすべり台が完成し子供たちの歓声があがりました。
元気いっぱい楽しんでいただけたようです。




かわいいお礼のメダルをいただきました。
ありがとうございました。

平成30年2月、年が明けて1か月経ち、厳しい寒さが続いております。
当現場は竣工になり、進捗状況を掲載してきましたが、いよいよ今回で最終回となります。


ここで、改めて工事概要をご紹介させていただきます。

【工事概要】

 工事件名  名古屋第二環状自動車道 飛島ジャンクションCランプ橋他4橋(下部工)工事

 工期    平成26年8月19日~平成30年1月29日

 工事場所  愛知県海部郡飛島村木場

 発注者   中日本高速道路㈱名古屋支社 名古屋工事事務所

 工事概要  構造物掘削    特殊部               26.457㎥

       高架橋下部工   本線、ONランプ、OFFランプ   30基

       基礎杭      回転杭 各種            4,950m

       基礎杭      鋼管ソイルセメント 各種      8,840m

       コンクリート   各種                20,388㎥

       型枠       各種                11,821㎡

       鉄筋                         3,425t

       PC鋼材引張                     14,569kg

       雑工                         1式




こちらは、作業所全体の航空写真になります。
緑、赤、青、黄、紫色の四角が、全30橋脚の位置になります。




貯木場内の橋脚も完成し、上部工の桁架設が進んできています。






完成した橋脚を随時上部工業者に引渡し、桁架設の準備が行われています。




貯木場内に桁架設のための作業構台を作っています。


村道を一車線規制して作業していましたが、約1年ぶりに規制が解除されました。
近隣の皆様、ご協力ありがとうございました。




左手の奥には、伊勢湾岸自動車道を跨ぐための桁掛け準備作業が行われています。


飛島料金所付近では、上部工業者へ引渡した橋脚に桁架設が行われています。
伊勢湾岸自動車道を夜間通行止めにして1,300tクレーンにより行います。





飛島ジャンクション全体の工事は続き、全面開通まではもう少し時間が掛りますが、
名工建設㈱の工事は、1月末をもって完了しました。
着手前の景色と比べると感慨深いものがあります・・・


3年半という長い工事期間、閲覧して頂き有難う御座いました。
作業所一同より、皆様に厚く御礼申し上げます。

現場リポート:
« 前へ